死神の持物である大鎌、砂時計を持たせてあります
時を表現する場合は、大鎌を持った羽根の生えた老人の絵で表しますが、今回
は定番のスカルになっています
時を迎えた命を刈り取りに来る、背景の稲妻は「光陰矢の如し」的な感じです
最新の作品やスケジュールは下記のブログを御覧下さい。
THE DEAD TIMES