Lilium candidum ニワシロユリ(マドンナリリー)
キリスト教においては白い百合(マドンナリリー)の花が純潔の象徴として用
いられ、聖母マリアの象徴として描かれます。
聖書の受胎告知のシーンでは、天使ガブリエルが百合の花を携えて描かれま
す。
百合根は食材としても食べられます。
ユリ科ユリ属のヤマユリ、コオニユリ、オニユリの球根です。ユリには多くの
種類がありますが、 他の種類の球根は苦くて食べられません。
鱗片がたくさん合わさっているところから「百の根が合わさる」という意味で
百合根という漢字があてられました。
最新の作品やスケジュールは下記のブログを御覧下さい
THE DEAD TIMES